FX自動売買
恋活
家電バーゲン
放射能測定器


【カラスビシャク】(烏柄杓)  

学名: Pinellia ternata                  
別名:ヘソクリ

球茎(はんげ)球茎は、地中に直径1センチくらいの白い球茎がある。地上に長い葉が出て、下部にむかごがつく、葉は3枚。

畑や路傍に普通に見かける多年草。


花は葉の基部で分かれ葉より高く 伸びて花茎の先端に長さ5〜8cmの上部が開いた苞(ほう)をつける。


この苞は非常に特徴があってミズバショウ、ザゼンソウ、コンニャク、ウラシマソウなどの、サトイモ科に属するものに共通する。

 

【科/属名】サトイモ科/ハンゲ属

【花期】6月〜8月

  

  

  

拡大写真は画像をクリックするとジャンプします。(戻るボタンで戻ってください)